google-site-verification=BsBebz_RYg-P7Eup-8CGWVbEqD0vXKd46sLpnjQ560A

効率的チャートパターンの一覧!

鉄板で古典的ながら、今もなお有効なチャートパターンで、FX取引を効率的に学びましょう!

【酒田五法】という分析法


【酒田五法】 三山(さんざん)、三川(さんせん)、三空(さんくう)、三兵(さんぺい)、三法(さんぽう)の5つからなる、ローソク足のフォーメーションにより名付けられたものです。

1724年(享保年間)生まれで、後に天才相場師といわれた本間宗久が見出したもので、ローソク足の並びにより相場の流れをつかむものです。

今では当たり前に使われているローソク足も、この本間宗久が考案したものともいわれています。(諸説あり。)

酒田五法】のネーミングは、本間宗久の出身地である酒田が由来とされています。

むずかしそうに聞こえますが、けっこう簡単です。では、5つのフォーメーションをみてみましょう。

【三山(さんざん)】

その名のとおり、ローソク足が3つの山を形成した時を指し、相場の天井を見極めます。

3度 高値を試したものの、突破できなかったという経緯より、下降に転ずるサインとしてとらえます。トリプルトップともいいます。

*参考 真ん中の山が一番高い場合、【三尊(さんぞん)】、ヘッドアンドショルダーズトップといいます。この他、山が2つのパターンをダブルトップともいい、 【三山(さんざん)】 に続き、天井になる確率が高いとされています。

   

【三川(さんせん)】

三山の逆パターン。ローソク足が3つの谷を形成した時を指し、相場の底を見極めます。

3回 安値を試したものの、突破できなかったという経緯より、上昇に転ずるサインとしてとらえます。トリプルボトムともいいます。

*参考 真ん中の谷が一番低い場合、【逆三尊(ぎゃくさんぞん)】、ヘッドアンドショルダーズボトムといいます。 この他、谷が2つのパターンをダブルボトムともいい、 【三川(さんせん)】 に続き、底になる確率が高いとされています。

【三空(さんくう)】

FX取引では殆どみられません。

前のローソク足と、その次のローソク足との間に空間が出来た場合を指します。この空間は、「空」、「窓」などと呼ばれ、週のなかばで見られた場合は、突発的なニュースや大きな動きにより一時的にパニックになった状態と考えられています。株式市場などで、取引数の少ない銘柄などでは、少しの動きでも、このような「窓」を開けることがありますが、最初に触れたように、FX取引ではあまりありません。

*例外として、金曜日の取引終了から翌週の始まりの始値などには「窓開け」が見られますが、週中ではあまり見られません。

【三兵(さんぺい)】

連続して3つの陽線、または陰線を形成した時を指し、 底値圏で3つの陽線 が表れた場合は、一般に相場の上昇トレンドへの転換のサインといわれます。逆に高値圏で 3つの陰線 が表れた場合は、 一般に相場の下降トレンドへの転換のサインといわれます。

*参考 陽線3つの場合、【赤三兵(あかさんぺい)】、 陰線3つの場合、【黒三兵(くろさんぺい)】または、三羽烏ともいいます。

【三法(さんぽう)】

最後の 【三法(さんぽう)】 とは、相場には「買い」「売り」「休み」という3つの取引局面があるという教えといわれています。「休むも相場」という投資格言があるように、短い陽線と陰線が連続して相場が停滞している状態(レンジ相場)は取引をひかえ、相場が動き出したら取引を始めるという分析法です。

*参考 レンジ相場を明確に上に抜けたら、買いで仕掛けるパターンを 【上三法(あげさんぽう)】 、 レンジ相場を明確に下に抜けたら、売りで仕掛けるパターンを 【下三法(さげさんぽう)】といいます。

勝率9割!4つのローソク足パターンを覚えるだけ!

詳しくは⇊⇊をクリック!

最初のコメントをしよう

必須