google-site-verification=BsBebz_RYg-P7Eup-8CGWVbEqD0vXKd46sLpnjQ560A

円高ドル安って?

円高ドル安とは?

円高ドル安とは、ドルに対して円の価値が高くなる事をさします。

よく 1ドル100円 という風に表現されていますが、円高になると これが 1ドル90円という風にドルの価値が下がるのです。

一例として、海外渡航のため 円をドルに交換するときを考えてみます。

例えば、1ドル100円の時なら、1ドルにつき100円必要ですが、1ドル90円の時は 90円ですみます。

これが100ドルなら10,000円必要だったものが 9,000円ですむということになります。

(実際は手数料がかかるので この通りの金額ではありません。)

逆に 渡航先から日本に帰ってきたとき、100ドル手元に残り、空港で円に交換すると、1ドル100円の時は、10,000円となりますが、1ドル90円の時にあたってしまうと9,000円にしかならないのです。

(こちらも、実際は手数料がかかるので この通りの金額ではありません。)

上記の事から、海外渡航へ出発のときは円高で、帰国のときは 円安であるとお得になります。

円安ドル高とは、言うまでもなく円高ドル安の逆パターンで、ドルの価値が上がり、円の価値が下がるということです。

そして、1ドル〇〇円という表現ですが、通常は 円を先に持ってくる 1円0.01ドル というような表現はしません。一部の銀行では例外もあるようですが、ほとんどが慣例で、表現の優先順位があります。

​​会員数30万人を超える日本最大手の投資顧問会社「クロスリテイリング株式会社」のグループ会社で、資産運用・形成に関する投資教育コンテンツ販売事業を行う 株式会社アセットキューブ

最初のコメントをしよう

必須